新規会員募集中



<試乗記>ダイハツ・ミラココア

意外?に使えるモニター内蔵ルームミラー

 可愛らしいスタイリングが目を引くミラココアは、主に若い女性、特に初めてクルマを購入するユーザーをターゲットに開発された個性派モデル。軽セダンのミラがベースということではミラジーノの後継に当たるが、クラシックなスタイルで落ち着いた雰囲気を持つジーノよりも、テイストとしてはもっと明るくカジュアルで、実質的にはムーヴをベースにしたラテの後継といえるだろう。

 さてココアのプラットフォームはミラと共用。しかしボディはまったく別物で、ミラと共通する要素はスタイリングからは見い出せない。フロントガラスを立て、独立したリヤラウンドガラスを備えたことで、ひと回り大きく見える横長なスタイルに仕上げている。兄貴分のムーヴコンテと同じテイストだが、全高が低い分、コンテよりも軽快な印象だ。また、Aピラーを細くして視界を広く確保するなど、見た目だけでなく、機能性の面でも優れたデザインとなっている。

 インテリアはすっきりとした印象。黒基調の中にアイボリーのインパネやシートが置かれ、さりげなくオシャレな雰囲気を出している。カジュアルで飽きの来ないシンプル感が好印象だ。もちろん室内の広さや収納性など高い実用性も備えている事はいうまでもない。

 機能性の高さも満足がいくもの。見やすいメーター、手の届きやすいシフトレバー、押しやすい位置と形状のボタン類など、わかりやすい操作系で安心して運転できる。さらに運転席シートリフターやチルトステアリングが全車標準で装備されているのもうれしいポイント。小柄なドライバーでもきちんとした姿勢で運転することが可能だ。

 そして目玉となるのが、国内初となるバックモニター内蔵ルームミラー。後退時にバックカメラの映像がルームミラーに映し出されるというものだ。モニターのサイズが小さいのできちんと視認できるか不安だったが、映し出されるカラー映像は高精細で、予想以上にはっきりとみえる。安心感を向上させてくれるうれしい機能だ。もちろん画面の絶対的な大きさや、ガイド線が表示されないなど、ナビ連動型と比べると機能性では劣るところもあるが、その分、オーディオやナビの選択自由度ではこちらの方が上。また視線の移動量が少ないのもメリットといえるだろう。

 乗り心地は、徐行するようなごく低速域ではやや硬めで細かな振動が伝わってくるが、それ以上に速度を上げるとまったりとした乗り味。ステアリングやアクセルへの反応はソフトで、街中でも扱いやすいセッティングだ。搭載するエンジンはNAのみで、低・中速でのトルクを重視したタイプ。決してパワフルではないが、普通に走らせるには十分な実力を持っている。ただし速度域を上げ、アクセルを踏み込んでいくとノイズが少々気になってくる。ターボの設定はないから、高速道路を使うユーザーには少し不満が残るかもしれない。しかし、街中で気軽に走らせるのなら、まったく問題ないレベル。スタイリングが気にいったなら迷わず購入したい、楽しいモデルだ。
(鞍智誉章)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
掲載日:2009/09/18

この記事のカテゴリ:試乗記