新規会員募集中



<試乗記>ボルボ・XC60

先進装備で安心ドライブ

 クーペのスポーティさとSUVのタフネスさを融合させたXC60に、2リッター直噴4気筒ターボエンジンを搭載した「T5 SE」が追加された。上位グレード「T6 SE AWD」との違いはエンジンだけでなく、デュアルクラッチトランスミッションのギアトロニック(6AT)の採用と、2WDとなる駆動方式といったパワートレーン全般。車両本体価格499万円は、「T6 SE AWD」よりジャスト100万円も安い。

 安かろう悪かろうでないところは、さすがボルボ。最新の安全機能「シティ・セーフティ」を標準装備する。これは、先進のレーザーを使って前方を常に監視するシステムで、万が一危険を察知すると自動でブレーキをかけ追突の危険を回避。特に渋滞で、ドライバーの注意力が低下するようなときに効果的だという。

 全長は4625mmでそれほど長くないが、全幅は1890mmとかなりワイド。しかしダッシュボードの位置が低いので潜り込むようなドライビングポジションにはならない。したがって前方視界は良好で、幅の広さはまったく気にならない。ボタンを押せば、左前方の死角部分がモニターに映し出されるのでさらに安心。特に都内ではSUVを運転する女性ドライバーを目にすることが多いが、XC60なら身を乗り出したおっかなびっくりのカッコ悪い運転姿勢にはならないだろう。

 2リッターエンジンは、ターボのサポートがあるため最高出力は203psと高め。最大トルクも30kg‐m越えの30・6kg‐m。しかも1750~4000回転のワイドな回転域で最大トルクを発揮するので、発進から力強い息の長い力強い加速を見せる。普通に走る分には、ターボの存在には気付かない。一定の回転数を超えるとターボチャージャーが炸裂! というドラマもない。しかしアクセルペダルを8割くらい踏み込むと、まるで人が変わったように強烈な加速で突き進む。

 ギアトロニックと呼ばれる6ATは、一見何の変哲もない普通のオートマだ。ギアチェンジはとてもスムーズで、2ペダルMT特有の変速時にガツンとくる衝撃はまったくない。MT派には少し物足りないかもしれないが、圧倒的多数を占めるAT派にはかなり親切なセッティングに仕上がっている。

 サスペンションの動きはしなやかで、ドイツ車のような硬さはない。ハンドルもどちらかというと軽めのセッティングで、ソフトなサスとのマッチングとしてはいい。だからといって、アグレッシブな走りが苦手というわけではない。ハンドリングがいいので、カーブが連続する山道でも走りを楽しむことができる。

 試乗車には、20万円の「セーフティ・パッケージ」が装備されていた。これは前走車追従クルーズコントールをはじめ、車線逸脱警告機能や追突警告機能などの安全セット装備。ウインカーを出さずに車線を踏むと「ピピッ」と警告音が鳴る。また前走車に近づきすぎると、ダッシュボードに内蔵したライトが赤く点滅。それがフロントウインドーに反射して、ドライバーに「接近注意!」の警告を促す。この装備を付けると車両本体価格は500万円を超えるが、払った費用以上の安全を手に入れることはできると思う。
(猪俣 恭幸)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
掲載日:2010/10/19

この記事のカテゴリ:試乗記