新規会員募集中



<試乗記>ホンダ・フィット ハイブリッド

普通のフィットと同感覚で使えるハイブリッド

 フィットにハイブリッド(HV)モデルが加わった。デビュー前に騒がれていたのは燃費より価格だったような気がするが、結局スタンダードグレードの車両本体価格は159万円に落ち着いた。インサイトの最廉価グレードより30万円も安い。10・15モード燃費は、インサイトと同じ30km/Lの大台に乗った。HV専用のインサイトに比べ空力的には不利だが、車重の軽さやエコタイヤの装着で、なんとか同数値を達成した。

 試乗車にはHV専用色の「フレッシュライムメタリック」を選択。知る人が見ればひと目でHVであることがバレる色だ。マーチのグリーンはおもっちゃぽい色だが、フィットはメタリック感が強いため高級感がある。そういえばNSXのスペシャル塗装に、これとよく似た色があった。

 イグニッションスイッチを回すと普通にエンジンはかかる。ウンともスンとも言わないプリウスに比べるとHV感は薄い。フィットHVもEV走行は可能だが、クリープ現象で走るくらいのペースじゃないとEVモードにはならない。いっぽう車内はHVムードが高い。常時発行式のメーターは専用のブルーの照明で、燃料計の隣にはHVメーターも並ぶ。メーターはインサイトやCR-Zと同じくエコ運転の度合いに応じて照明の色が3段階に切り換わる。エコ運転の度合いが、色を見れば瞬時に判別できるというわかりやすさがいい。

 インサイトより軽いとはいえ、HV化によって車重は増えた。同じ1・3リッター4気筒エンジンを搭載するFF&CVT車より120kgも重い1130kgである。しかし重量増による運動性能のダウンは、モーターがサポートすることで相殺される。だから発進加速に不満はない。逆にモーターが付いたからといって、速くなったわけでもない。通常の1・3リッター車と加速性能の差はほとんど感じなかった。なお車重が重くなったことで、ノーマル車で感じる軽自動車のような安っぽい軽さは影を潜めた。

 信号待ちでアイドルストップが働くのは、HVならではのワザだ。エンジン再始動のタイミングにも不満はない。ホンダのほかのHVもそうだが、クルマが完全に停止する前にエンジンが早々に止まる。信号待ちのときなら違和感はないが、一時停止のときもご丁寧にエンジンが止まるので、煩わしく感じるときもある。

 燃費運転支援装置ともいえる「ECONボタン」は、HVだけでなくノーマル・フィットにも装備された。エンジン始動時はオン状態で、オフにしたければインパネの右にある緑のボタンを押すだけ。オン状態でもそれほどかったるい走りではないが、オフにするとエンジンとCVTのレスポンスがよくなるので、走りがすばしっこくなる。街中ではオフにして高速道路を走るときはオンにすれば、ストレスを感じることなく、かつ燃費向上にも役立つだろう。

 フィットといえば、センタータンクレイアウトによる多彩なシートアレンジが特徴。HV化によりラゲッジアンダーボックスはモーターのバッテリーを搭載するため使えなくなったが、車内の広さやシートアレンジは被害ゼロだ。使い勝手のよさはそのままで、燃費がよくて価格も安いとくれば、売れないわけがない。

(猪俣 恭幸)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
掲載日:2010/11/02

この記事のカテゴリ:試乗記