新規会員募集中



トヨタとマツダがメキシコにおける生産について合意

トヨタの北米向けを中心とした車両を生産

 トヨタとマツダは、マツダのメキシコ新工場で、トヨタの北米向けを中心とした車両を生産することについて合意したことを発表した。

 今回の合意により、2013年度に稼動予定のマツダのメキシコ新工場において、2015年夏頃から、「Mazda2(日本名:マツダ デミオ)」をベースとしたトヨタブランドの小型車を年間5万台程度生産し、トヨタの販売店を通じて販売する。これにより、トヨタは、北米などにおける商品ラインナップの強化を、マツダは、メキシコ新工場の生産台数増加による生産効率の向上や収益への貢献を目指すことを公表している。

 なお、同車両の生産にあたり、トヨタは、能力増強分の設備投資および開発費用について、応分を拠出する。

掲載日:2012/11/09

この記事のカテゴリ:新着  業界  その他