新規会員募集中



日産、コカ・コーラ セントラル ジャパンと電気商用車の実証運行を開始

100%電気商用車の投入に向けた実証運行

 日産は、2012年11月中旬からコカ・コーラ セントラル ジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:マイケル・クームス)に多目的商用バン「NV200」をベースとした100%電気商用車「e-NV200」のテストカーを1台貸与し、実証運行を開始する。

 100%電気商用車「e-NV200」は、「日産リーフ」に続く2車種目の量産EVとして、2014年度までの市場投入を計画している。

 既に去年から、複数の大手企業と実証運行を実施してきており、日本では、イオンリテール株式会社・フェデラル エクスプレス、また欧州では、ブリティッシュガスなどテストを実施し、成果やフィードバックは、同モデルの開発に反映している。

 今回の実証運行では、横浜地域において営業用車両として、このテストカーを活用し、エンジン車両と比較しての環境性能、実用性、経済性等を確認していく。

 特に電力ピーク時における消費電力量削減に向け、夜間電力での充電のみで、車両の運用・商業利用が可能かを検証する。

  • 写真1
掲載日:2012/11/12

この記事のカテゴリ:新着  業界  その他