新規会員募集中



日産、「リーフ」のマイナーチェンジを実施

低価格の新グレードも追加

 日産は、「リーフ」のマイナーチェンジを実施し、全国一斉に発売した。あわせて、同車の「ライフケアビークル(LV)」シリーズをマイナーチェンジし、全国一斉に発売した。

 今回のマイナーチェンジでは、車体の大幅な軽量化や回生性能の向上、省電力暖房システムなどの採用により、満充電時の航続距離228km(JC08モード)を実現し、従来のモデルよりも28km延長した。

 また、一部仕様の簡素化やレスオプションも可能とした廉価グレードの「S」が追加されたほか、「本革シート」や「アラウンドビューモニター」などの装備も追加された。

 航続距離延長のため、高電圧ユニットを一体化し、全体で容積30%、実量10%の大幅なサイズダウンを実現し、機能統合によるパワートレインの一体化、バッテリーモジュールとケースの構造を合理化し、その他各部パーツを軽量化することで、現行モデルより約80kgの軽量化を実現した。

 また、回生ブレーキシステムの制御を変更しエネルギー回収量の増加に貢献、ヒートポンプ式キャビンヒーターや全席ヒートシーター、ステアリングヒーター、遮熱天井を採用し消費電力の低減を実現した。

 さらに、タイマー充電でしか選択できなかったバッテリーの寿命を向上させる80%までの充電が可能なロングライフモードを全ての充電モードで可能としたほか、普通充電コネクターロック機構の追加など充電操作部の利便性を向上した。

 他にも、「省エネルート案内機能追加」「立ち寄り充電スポット案内」「到着時のバッテリー残量予測」の機能を追加し、「新規充電スポット検索」「急速充電機器設置スポット表示」「満空情報提供」「充電スポットの営業時間外表示」の機能を拡充した。

 価格は消費税込みで、334万9,500円~413万3,850円 とした。

  • 写真1
掲載日:2012/11/20

この記事のカテゴリ:新着  新車  その他