新規会員募集中



日産、「エルグランド」のビッグマイナーチェンジを実施

フロントフェイスのデザインを一新

 日産は、「エルグランド」のビッグマイナーチェンジを実施し、1月20日より全国一斉に発売することを発表した。

 今回のビッグマイナーチェンジでは、エクステリアにおいて、「250XG」を除く全グレードで、ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーのデザインを一新し、全周をクロームメッキで囲んだ国産乗用車最大面積の大型フロントグリルデザインを採用し、シグネチャーLEDポジションランプを配した新デザインのヘッドランプと組み合わせた。

 ヘッドランプには、クラス初のLEDヘッドランプを採用し、夜間および雨天時の視認性を高め、さらに、リヤコンビランプは新デザインのクリアコンビランプとしたほか、専用の18インチアルミホイールには切削処理を施したマルチスポークデザインを採用している。

 インテリアでは、「ハイウェイスター プレミアム」に、カラードクロームを配した専用グラデーションブラックメープルフィニッシャーを採用し、さらに、アンバーアクセントスペシャルステッチを施したダイヤ型キルティングのブラックメタリックレザー(本革)と組み合わせ「グランドブラックインテリア」として新設定した。

 また、今回のビッグマイナーチェンジでは、「250ハイウェイスター プレミアム」を新規グレード追加し、2.5リッター車でも上級インテリア選択を可能としたほか、量販グレードの「ハイウェイスター」に設定している「ブラック/ダークベイブラウンインテリア」ではグラデーションブラウンエボニーフィニッシャーと質感を向上させたシート地を採用し、さらに、大型化により視認性を向上させた新デザインの2眼メーターの中央には、新たにアドバンスドドライブアシストディスプレイ(5インチカラーディスプレイ)を配した。

 さらに、3列目シートに前方向240mmのスライド機能を追加したことでラゲッジスペースを拡大したほか、後部荷室のラゲッジボードの高さを床面に合わせた高さに変更したこどで積載性を向上させ、また、3列目シートのシートバックを凸凹を低減した形状に変更した。

 全車にクルーズコントロールを標準装備し、快適性を向上した。

 ボディカラーは、長い時間をかけて熟成した琥珀をイメージする新色「インペリアルアンバー」を含む全5色を設定した。

 価格は消費税込で、312万3,750円~547万2,600円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/01/17

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他