新規会員募集中



ベンツ、「Eクラス クーペ」の特別仕様車を発売

内外装に特別装備を採用

 メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラス クーペ」の特別仕様車「E 250 クーペ リミテッド」を、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて全国限定100台で発売した。

 今回発売される特別仕様車「E 250 クーペ リミテッド」は、2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載した「E 250 クーペ」をベースに、AMGスポーツパッケージ、特別仕様車専用デザインの18インチAMG5ツインスポークアルミホイールを採用している。

 ボディカラーは、ファイアオパールとポーラーホワイトを設定している。

 インテリアは、シート、ダッシュボード、ウッドステアリングに最高品質のナッパレザーをふんだんに使用し、ラバースタッド付のステンレスアクセル&ブレーキペダルを採用し、外装色ベンガルレッドには内装色にはポーラーホワイト、ファイアオパールの外装色にはナチュラルベージュの内装色が組み合わされている。

 さらに、最新世代の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」に加えて、駐車時や狭い道などで車両周囲の状況を4つのカメラによって確認できる「360°カメラシステム」を採用した。

 価格は消費税込で、712万円 となっている。

 なお、この特別仕様車にも、新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンスサービスと24時間ツーリングサポートを無償提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。

  • 写真1
掲載日:2014/02/05

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他