新規会員募集中



ホンダ、インドの自動車ショーでクリエイティブ・スタディーモデルを世界初公開

3列シート、7名乗車を実現

 ホンダは、インドのウッタルプラディッシュ州グレーターノイダにあるインドエキスポマートで開催中の「第12回オートエキスポ2014」(プレスデー:2014年2月5日~6日、一般公開日:2月7日~11日)にて、Hondaの将来のものづくりへのビジョンを表現したクリエイティブ・スタディーモデル「Honda Vision XS-1」を世界初公開した。

 「Honda Vision XS-1」は、Hondaの将来のものづくりへのビジョンを具現するクリエイティブ・スタディーモデルであり、Honda独創の「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」に基づき、コンパクトなボディーに、スポーティなスタイリングと驚きのスペースという2つの価値をクロスオーバーさせたモデルで、Hondaのデザインコンセプトである「Exciting H Design」に基づき人間中心(Human-centered)の思想を具現化した、と説明している。

 「Honda Vision XS-1」の主な特徴は、コンパクトボディーに3列シート、7名乗車を実現し、スポーティな外観と室内空間の多様性を両立しており、大開口のスライドドアを採用している。

 ホンダは、「Honda Vision XS-1」は現時点で発売の予定はないが、世界中で需要が高まっているコンパクトクラスに対してHondaのクリエイティビティーを示すモデルとしてデザインされ、経済成長の著しいインドを世界初公開の場として選んだ、とコメントしている。

  • 写真1
掲載日:2014/02/05

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他