新規会員募集中



三菱自動車、「アウトランダー」の一部改良を実施

新デザインのフロントメッキグリルなど採用

 三菱自動車は、「アウトランダー」の一部改良を実施し、全国の系列販売会社を通じて発売した。

 今回の一部改良では、新デザインのフロントメッキグリル、フロントフォグランプメッキベゼル、シルバーの前後スキッドプレート、前後フェンダーのホイールアーチモール、シルバーのルーフレール(メーカーオプション設定)、クリアレンズのLEDリヤコンビランプなどを追加装備した。

 インテリアでは、シート地の縫い合わせをシルバーのダブルステッチとした。

 また、ボディ、シャシーの要所に吸遮音材や制振材を追加し課即時の騒音やロードノイズを低減させ、車室内の静粛性・快適性を高めたほか、前後サスペンションにリバウンドスプリング内蔵ダンパーを採用して減衰力特性を最適化させ、取り付け部を補強することで操縦安定性と乗り心地を向上させた。

 ボディカラーは、新設定のレッドメタリック、有料色のホワイトパールのほか、カッパーメタリック、ブラックマイカ、クールシルバーメタリック、チタニウムグレーメタリック、コズミックブルーマイカの7色を設定している。

 価格は消費税込で、242万6,550円~309万9,600円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/01/31

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他