新規会員募集中



シトロエン、「C3」に新パワートレインを搭載

新エンジン&トランスミッションで燃費を改善

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、「C3」に新開発のパワートレインを搭載し、全国のシトロエン ディーラーネットワークより発売を開始した。

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、新パワートレインは、①燃料消費量とCO2排出量を低減したPSAグループ新開発1.2L 3気筒DOHCエンジン「EB2」 ②ダイレクトなレスポンスと省燃費性能を合わせ持つ「ETG5トランスミッション」(オートマチックモード付エフィシェント・トロニック・ギアボックス) ③不要なアイドリングを抑制し燃費向上に寄与する「ストップ&スタートシステム」の3つを組み合わせ、乗る人が心から満足できるドライビングと経済性を追求したシトロエンの新しい電動力であると述べている。

 今回の新パワートレイン搭載に伴い、車両重量は約70キロ軽量化され、燃料消費量はJC08モードにおいて旧モデル(1.6L 4AT)より約57%アップし19.0km/Lへと改善されている。

 価格は消費税込で、203万円~233万円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/02/17

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他