新規会員募集中



アウディ、「Qシリーズ」初のRSモデルを発売

RSモデル専用のスポーツサスペンションやブレーキを採用

 アウディ ジャパンは、「Qシリーズ」初のRSモデル「RS Q3」を設定し、全国の正規ディーラーを通じて発売した。

 RSモデルは、アウディのスポーツモデルの開発生産部門である100%出資子会社「クワトロ ゲーエムベーハー」が手がける高性能プレミアムスポーツモデルのシリーズのことである。

 エクステリアでは、マットアルミニウムのフレームとハニカムメッシュを組み合わせたシングルフレームグリル、大型のエアインテーク、専用デザインのリヤスポイラー、リヤバンパー、マットアルミニウムスタイルのルーフレールやミラーカバー、リヤディフューザーインサート、オーバル形状の大口径のスポーツエグゾーストなどを装備している。

 インテリアでは、RSロゴのエンボス加工が施されたスポーツシート、フラットボトム仕様のステアリングホイールを採用し、特別デザインのインストルメントパネル、MMI3G+、BOSEサラウンドサウンドシステム、APS、リヤビューカメラ、リヤサイドエアバッグなども標準装備しているほか、パノラミックガラスサンルーフや、シ0トにはファインナッパレアーダイヤモンドステッチングなどもオプション設定されている。

 また、最高出力310馬力、最大トルク420Nmを発生する直列5気筒TFSI直噴ターボエンジンを搭載し、7速Sトロニックトランスミッションとquattro(クワトロ:フルタイム4WDシステム)を組み合わせることで、優れた高速安定性と操縦安定性を実現したほか、燃費はJC08モードで11.5km/Lを達成している。

 さらに、5ツインスポークのVデザイン20インチアルミホイールと、225/35R20サイズのタイヤを標準装備したほか、スポーク部がマットブラックになった、5アームローターデザイン、マットブラック20インチホイールを選択することも可能となっている。

 安全装備としては、クルーズコントロール、アウディサイドアシスト、アクティブレーンアシストがセットになったアシスタンスパッケージをオプション設定し、また、アシスタンスパッケージは「Q3 2.0 TFSI クワトロ 170PS/211PS」にもオプション設定が可能となる。

 価格は消費税込で、698万円 となっている。

 ※消費税5%前提価格となっており、消費税改定後の価格は異なる。

  • 写真1
掲載日:2014/03/18

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他