新規会員募集中



日産、「ダットサン」をロシアへ投入

日本でデザインし、ロシアで開発

 日産は、ロシアにおいて「ダットサン」ブランドとロシア専用モデルであるダットサン「on―DO」を発表した。

 ダットサン「on-DO」は、ロシアでのダットサンブランド第1号モデルとなり、4ドア5人乗りのファミリーセダンで、1.6リッターガソリンエンジンを搭載、エンジン出力は87馬力、全長4,377mm/全幅1,700mm/全高1,500mm、トランク容量は530Lとなっており、価格は40万ルーブル以下となる予定となっている。

 日産は、ダットサン「on―DO」は、日本のグローバルセンターでデザインされ、開発は、アフトワズの国際的なエンジニアチームによりロシアで実施され、日産自動車のグローバル品質および技術水準を保証する、と延べ、グローバルな要素とローカルな要素を組み合わせることで、このクルマの現代的で特徴的な外観および性能が、日産のDNAにより補完され、ロシアの運転・気候条件に適合したクルマとなった、と説明している。

 今回、「ダットサン」をロシア市場へ投入することにより、ロシアは、インドネシアに続き、ニッサン、インフィニティ、ダットサンの全3ブランドを販売する市場となる。

 発売は2014年夏を予定しており、当初はニッサンブランドのディーラー投資家が支援する25のダットサンブランドディーラーで販売し、これらの店舗は主要な地域にあり、今後2年間でさらに75店舗増える予定となっている。

 ダットサンブランドの投入に際して、日産のCEOであるカルロスゴーン氏は、「ロシアは現在、日産にとって世界で5番目に大きな市場となっています。私たちは、今後3年間で販売台数を3倍にし、市場シェアを倍増させることを目指しています。またダットサンブランドは、ロシアでの全販売台数の3分の1を占めると見込んでいます。私たちは、創業以来80年間培った生産、技術的知見を生かして、アライアンスパートナーであるアフトワズの開発スキル、市場に関する知識、生産能力を活用することで、21世紀のダットサンのモデルラインナップをお届けします。これらのクルマは、ロシアのお客さまのニーズと嗜好に十分に見合ったものとなるでしょう」と述べた。

 日産の常務執行役員でダットサンブランドの責任者であるヴァンサン コベ氏は、「既にダットサンを投入した市場でダットサンブランドは、自由かつ新たに生まれたステータスの象徴として、魅力的で、実用的で、信頼性の高いクルマの代表となっています。私たちは、お客さまのニーズと要望を徹底的に調べ、それぞれの市場環境に適合したクルマの開発に取り組みました。その結果、私たちが『前途有望なお客さま』と呼ぶ成功を夢見る新世代のお客さまへ、手頃な価格、信頼性、楽しさ、という妥協のない斬新な組み合わせをお届けするダットサンモデルができあがりました」と述べている。

  • 写真1
掲載日:2014/04/04

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他