新規会員募集中



日産、バリアフリー2014に福祉車両6台を出展

「デイズ ルークス アンシャンテ」を先行展示

 日産と株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川茅ヶ崎市、社長:宮谷正一)は、4月17日~4月19日まで「インテックス大阪」で開催される「バリアフリー2014」(第20回高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展)に、ライフケアビークル(LV)を6台出展することを発表した。

 今回出展されるのは、車いすのまま乗り降りが可能な、「セレナ チェアキャブ スロープタイプ」「セレナ チェアキャブ リフタータイプ」「NV200 バネット チェアキャブ」の3台と、施設や病院などの送迎車として好評の「セレナ アンシャンテ 送迎タイプ」、電動のシートで乗り降りをサポートする昇降シート車「ノート アンシャンテ」「日産デイズ ルークス アンシャンテ」の計6台としている。

 上記の中で、「日産デイズ ルークス アンシャンテ」は今夏の発売を予定で、今回は先行して出展されることとなる。

 また、展示ブースでは、わくわくするテクノロジー「ワクテク」を搭載した車両を展示し、前方の車両や歩行者との衝突回避をサポートする、「エマージェンシーブレーキ」や「アラウンドビューモニター」などの日産の先進安全装備も展示する予定となっている。


【「バリアフリー2014」概要】
 ・日  時 : 4月17日(木)~4月19日(土)10:00~17:00
 ・会  場 : インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
 ・主  催 : 社会福祉法人大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪
 ・入場料 : 無料

掲載日:2014/04/09

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他