新規会員募集中



トヨタ、新たな高熱効率・低燃費エンジン群を開発

2015年までに全世界で合計14機種のエンジンを投入

 トヨタは、ハイブリッド専用エンジンの開発で培ってきた燃焼改良と損失提言技術により世界トップレベルの高熱高効率を実現する低燃費エンジン群を新たに開発・改良したことを公表した。

 近日、マイナーチェンジする車種より搭載を始め、2015年までの全世界で合計14機種のエンジンを順次導入する、と発表している。

 トヨタが新たに開発・改良を進める高熱効率・低燃費エンジン群では、世界トップレベルのエンジン最大熱効率を達成し、従来型比で10%以上の燃費向上を実現する、としている。

 熱効率とは、エンジンなどのエネルギー効率を数値化したもので、燃料を燃やすことで生じた熱エネルギーのうち有効な仕事に変換された割合で、熱効率が高いほど燃料消費は少なくなる。

 具体的には、1.3Lガソリンエンジンでは、これまでハイブリッド専用エンジンに採用してきたアトキンソンサイクルを採用するとともに、高圧縮比化(13.5)することで膨張比を上げ排熱を抑制し、シリンダー内に強いタンブル流(縦回転の混合気の流れ)を生成する新形状の吸気ポートにより燃焼効率を高め、さらにクールドEGR(排出ガス再循環システム)、電動連続可変バルブタイミング機構(VVT-iE:Variable Valve Timing-intelligent by Electric motor)などにより燃焼改善と損失低減を追及することで、量産ガソリンエンジンとしては世界トップレベルの最大熱効率38%(トヨタ算定値)を達成した。

 1.3Lガソリンエンジン搭載車はアイドリングストップ機能などとあいまって、従来型に比べJC08モード走行燃費による比較で約15%の燃費向上を実現している。

 また、ダイハツと共同開発した1.0Lガソリンエンジンでは、タンブル流を生成する新形状の吸気ポート、クールドEGR、高圧縮比化などにより最大熱効率37%(トヨタ算定値)を達成し、新エンジン搭載車はアイドリングストップ機能や、さまざまな低燃費技術とあいまって、従来型に比べJC08モード走行燃費による比較で最大約30%の燃費向上を実現している。

  • 写真1
掲載日:2014/04/10

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他