新規会員募集中



マツダ、新型「Mazda6」「Mazda3」の中国生産を開始

SKYACTIV搭載車のグローバル生産体制整備を強化

 マツダは、中国南京市にある車両生産販売会社「長安マツダ汽車有限公司」(以下、CMA)で、新型「Mazda3Axela」(日本名:マツダ アクセラ)の生産開始記念式典を、また、4月9日に長春市の車両生産委託会社「一汽乗用車有限公司」(以下、FCC)で、新型「Mazda6Atenza」(日本名:マツダ アテンザ)の生産開始記念式典を実施したことを発表した。

 両モデルは、5月にそれぞれ中国国内で発売される予定となっている。

 マツダは、メキシコとタイにおける新型「Mazda3」の生産開始に続いての生産で、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立させたSKYACTIV技術を搭載した車種のグローバルな生産体制の整備が進んでいる、と述べている。

 両モデルの生産開始記念式典に出席したマツダの渡部 宣彦 中国事業担当執行役員は、「中国で『Mazda6Atenza』と『Mazda3Axela』の生産を開始したことは、マツダが取り組む『構造改革プラン』の柱の一つである『新興国事業強化とグローバル生産体制の再構築』において、大きな一歩を進めたこととなります。マツダは、SKYACTIV技術と「鼓動(こどう)」デザインを採用した新世代商品によって、お客様の人生をより豊かにし、お客様との間に強いつながりを持ったブランドを目指して参ります」と述べた。

 マツダは、今後もビジネスパートナーや販売会社、お取引先様などと一体となり、中国ビジネスの成長およびブランドの強化を目指すとともに、グローバルな生産体制の再構築を推し進めていく、と述べている。

  • 写真1
掲載日:2014/04/11

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他