新規会員募集中



レクサス、「NX」を北京モーターショーで世界初公開

レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV

 トヨタは、中国・北京で4月20日~29日に開催される第13回北京モーターショーに、新型コンパクトクロスオーバーSUV「NX200t」と「NX300h」を出展することを発表した。

 今回、世界初公開される「NX」は、2013年のフランクフルトモーターショーや東京モーターショーなどに出展したコンセプトカー「LF-NX」を進化させたもので、レクサスにとっては初のコンパクトクロスオーバーSUVとなる。

 トヨタは、「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、高性能とクールなデザインが融合した「Sports Gear」として、都市ユースにも合った環境時代のSUVをユーザーに提案するものである、と述べている。

 「NX200t」は新開発2.0Lターボエンジンを、「NX300h」は2.5Lハイブリッドシステムを搭載し、直観的操作の実現を目指したタッチパッドを採用した新型リモートタッチを導入し、スマートフォンなどをセンターコンソールボックス内に設置したトレイに置くだけで充電可能な「おくだけ充電」パノラミックビューモニター、Gセンサー表示、そしてターボのブースト圧表示はレクサスとしての初の導入となる。

  • 写真1
掲載日:2014/04/11

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他