新規会員募集中



ベンツ、「Eクラス」一部モデルの改良を実施

ギヤ比幅を拡大したCVTを採用し燃費を向上

 メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラス(セダン/ステーションワゴン)」の「E 300」「E 350」「E 350 ブルーテック」の装備内容を充実し全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて発売した。

 「E 300 アバンギャルド/E 300 4マチック アバンギャルド(セダン/ステーションワゴン)」では、シートヒーター(前席)を標準装備とし、また、オプションにおいては価格の見直しを実施し、AMGスポーツパッケージを税込25万8,500円(-5万円)、本革シート(後席シ^-トヒター付)を税込23万6,000円(-5.2万円)とした。

 「E350 アバンギャルド/E 350 ブルーテック アバンギャルド(セダン/ステーションワゴン)」では、AMGスポーツパッケージを標準装備し、エクステリアでは、AMGスタイリングパッケージや18インチAMG5ツインスポークアルミホイールなどを、インテリアでは、AMGスポーツステアリングやステンレスアクセル&ブレーキペダルなどを採用したほか、「E 350 ブルーテック アバンギャルド(セダン/ステーションワゴン)」には、前席シートヒターを標準装備した。

 価格は消費税込で、セダン:741万円~899万9,000円、ステーションワゴン:777万円~935万9,000円 となっている。

 なお、「Eクラス」にも、新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンスサービスと24時間ツーリングサポートを無償提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。

  • 写真1
掲載日:2014/04/24

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他