新規会員募集中



三菱、「アウトランダーPHEV」の一部改良を実施

外観を改良し、装備を充実

 三菱自動車は、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」の一部改良を実施し、全国の系列販売会社を通じて5月29日から発売することを発表した。

 今回の一部改良では、新デザインのフォグランプメッキペゼル、フロントバンパー下部にスキッドプレート(シルバー)を採用し、さらにルーフレール(シルバー)をメーカーオプションで設定した。

 また、充電リッドにユーザーから要望の高いロック機能を追加したほか、冬季の暖房使用量を抑え、低燃費に寄与する運転席・助手席シートヒーターを標準装備した。

 さらに、MMCS(Mitsubishi Multi Communication System:多機能メモリーナビゲーションシステム)装着車(「G プレミアム パッケージ」「G ナビ パッケージ」)に、スマートフォンなどからタイマー充電やプレ空調などの操作が可能な三菱リモートコントロールを標準装備、オフホワイトのレザーシートを最上級グレード「G プレミアム パッケージ」に選択可能な設定としている。

 価格は消費税込で、341万8,200円~443万160円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/04/25

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他