新規会員募集中



ベンツ、「Gクラス」の特別仕様車を発売

軍事車両や特殊車両の技術を各所に採用

 メルセデス・ベンツ日本は、「Gクラス」の特別仕様車「G 63 AMG 6×6」を発表し、日本向けには2014年の生産枠5台を特別確保し、2014年4月25日~8月31日までの期間限定で全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて注文を受け付ける。

 なお、特別仕様車「G 63 AMG 6×6」の販売はアジアでは日本のみとなる。

 今回発売される特別仕様車「G 63 AMG 6×6」は、35年におよぶ「Gクラス」の歴史において世界各国の軍用車両や防弾仕様車などの開発を通じて培った特殊車両技術を投入し、6つの駆動輪と5つのディファンシャルロックの採用をはじめ、アクスルやサスペンションの最適化、タイヤ空気圧調整システムの搭載などにより、砂地、岩場、水溜りなどあらゆる悪路を走破することを可能としている。

 六輪駆動のドライブトレインは、オーストラリア軍などに納入している軍事車両の技術を転用しており、3つの車軸すべてとそれぞれの車軸間に搭載される5つのディファレンシャルギアすべてにロック機構を採用し、センターコンソールの3つのスイッチを操作することで、急勾配や岩場をはじめとするあらゆるシーンで可能なかぎり最大のトラクションを確保する。

 また、防弾仕様車の技術をベースとした新開発「ポータルアクスル」の採用により、最低地上高460mm、渡川深度1,000mmと、「G 63 AMG」の最低地上高215mm、渡川深度600mm、と比較して大幅に走破性が向上している。

 サスペンションには、防弾仕様車で使用されている強化コイルスプリングと、ラリーレース用に開発されたガス封入式ダンパーを採用している。

 さらに、乗用車として世界初の「タイヤ空気圧調整システム」を搭載しており、これは運転席からスイッチ操作で6輪すべてのタイヤ空気圧を調整することができる機能で、砂漠などの柔らかい路面を走行する際にタイヤ空気圧を減圧して接地面積を増やすことにより、タイヤの地面への沈み込みを防止することが可能となっており、通常走行の空気圧から砂地走行に適した0.5バールまでの調整を通常のトラック等では10分程度時間がかかるところを20秒以下で完了する。

 エンジンには、最高出力400kW/544PS、最大トルク760Nmの動力性能を実現する最新のAMG5.5リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを組み込み、トランスミッションには素早いシフトチェンジを実現する7速A/T「AMG SPEED SHIFT PLUS」を採用している。

 エクステリアでは、全長約6m、全幅2m以上、全高約2.3mの巨大なボディに、カーボンファイバー製のオーバーフェンダとフロントルーフスポイラーを採用している。

 インテリアでは、シートやダッシュボード、ドアパネルに最高級のdesignoレザーを採用し、フロント、リアに電動シート調整機能およびシートヒーターとシートベンチレーターを備えた左右独立シ-ト、さらにリアエンターテインメントシステム、インテリアの随所にカーボントリムを採用している。

 ボディカラーは5色、インテリアカラーは2色を設定している。

 また、少量限定生産モデルにもかかわらず、日本仕様専用装備として、COMANDディスプレイやインストゥルメントクラスター内表示の日本語対応や、巨大なボディサイズと日本の道路事情を考慮し360度カメラシステムなど本国仕様には存在しない装備も装着している。

 価格は消費税込で、8000万円 となっている。

 なお、この特別仕様車も通常販売しているメルセデス・ベンツ車両と同様に、新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証(製品不具合の修理)・メンテナンス保証と24時間ツーリングサポートを提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が無償で適用される。

  • 写真1
掲載日:2014/04/25

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他