新規会員募集中



BMW、「6シリーズ」の装備内容を充実

運転支援システムの装備を充実

 ビー・エム・ダブリューは、「6シリーズ」「クーペ」「カブリオレ」「グラン クーペ」の運転支援システムの装備内容を充実化し、全国のBMW正規ディーラーで発売した。

 今回は「6シリーズ」のモデル・ラインアップのうち、「650iクーペ/カブリオレ/グラン クーペ」に、「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備し、前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」が新たに標準装備された。

 また、従来から装備されていた「衝突回避・被害軽減ブレーキ」においては、カメラ・システムに加え、新たにミリ波レーダー・センサーを併用することで、前方の車両に対してより精度の高い制御を行うことが可能となる。

 さらに、「650iクーペ/カブリオレ/グラン クーペ」および「M6 クーペ/カブリオレ/グラン クーペ」には、ドライバーから死角になる自車の左右後方を走行する車両や、追い越し車線を急接近してくる車両をドライバーに警告することで、安全な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」を標準装備する。

 他にも、シンプルかつ直観的な操作でコントロール・ディスプレイに表示される様々な機能の設定を行う「iDriveコントローラー」に指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能なタッチ・パッドを「6シリーズ」全モデルに採用している。

 価格は消費税込で、972万円~1,827万円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/05/08

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他