新規会員募集中



BMW、「4シリーズ グラン クーペ」を発売

「4シリーズ」第3弾モデル

 ビー・エム・ダブリューは、「4シリーズ グラン クーペ」を、全国のBMW正規ディーラーを通じて、6月21日より販売を開始することを発表した。

 「4シリーズ グラン クーペ」は、「クーペ(2ドア)」「カブリオレ」に続く、「4シリーズ」の第3弾モデルであり、ショート・オーバーハング、ロング・エンジン・フード、後方に配置されたキャビンを特徴としたスタイリングとなっている。

 また、センター・コンソールはドライバーに向けて僅かに角度がつけられ、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されたドライバー・オリエンテッドなコックピットとなっており、後席においては、シートと一体化したスリムなヘッドレストおよびワイドなサイド・サポートが優れた快適性を実現し、また、左右独立タイプとしながらも、シート・ベルトおよびシート・クッションが後席中央にも装備され、後席には最大で3名が乗車可能となっている。

 さらに、ルーフ・ラインは、クーペ・モデルからピーク位置が12mm高くなっているため、室内のヘッドルームを拡大し居住性を向上、ラゲージ・ルーム容量はクーペ・モデルに比べて、35L拡大の480Lnを確保しており、リヤ・シートのバックレストを全て倒すと最大1,300Lまで拡大可能となっている。

 大きなテールゲート開口部と、標準装備のオートマチク・テールゲート・オペレーションによりかさばる荷物でも容易に積み込むことが可能となっており、また、コンフォート・アクセスのスマート・オープナー機能により、荷物で両手がふさがった状態でも足元の操作によりテールゲートを開けることが可能となっている。

 後席のバックレストは40:20:40の3分割に倒して使えるため(オプション装備)、乗員と荷物の積載の多彩なアレンジが可能となっており、例えば、中央のバックレストだけ倒すと、4名の乗員を乗せたままスノーボードやスキー・セットなどの長尺物を室内に積み込むことが可能となっている。

 約50:50の理想的な前後重量配分に加え、「4シリーズ グラン Ku-pe」のホイールベース/トレッド比は4名の乗員に十分な居住性を確保した上で、1.8を切る数値を実現している。

 フロントのダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式サスペンションは、フロント・アクスル・キャリアとサイド・シルの間にトーション・バーを設け、ボディとフロント・アクスルの接続部分の剛性を強化、ステアリング精度やステアリング・フィードバックを向上することにより、優れたハンドリングや運動性能、走行安定性を実現している。

 また、BMWのクーペ・モデルで初となる4輪駆動モデル「420i xDrive グラン クーペ」をモデル・ラインアップに設定した。

 「420i xDrive グラン クーペ」は、「420i グラン クーペ」に、通常時は40:60の前後駆動力配分を基本設定としながら、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などの車両データから、オーバーステアやアンダーステアなどの兆候を察知すると、システムが電子制御式多板クラッチを装備したトランスファー・ギアボックスを介して瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを可変配分して優れたロード・ホールディングを実現したインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」を搭載している。

掲載日:2014/05/21

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他