新規会員募集中



マツダ、コロンビアでの新販売統括会社の営業開始

コロンビアにおける販売力強化を目指す

 マツダは、コロンビアにおける販売統括会社「MAZDA DE COLOMBIA SAS」(以下、MCOL)を設立し、営業開始したことを公表した。

 マツダは、MCOLを設立する事で、車両の輸入・販売やカスタマーサービスなどを主体となって管理・対応できる体制を強化していく、と述べている。

 マツダは、1983年に「Compania Colombiana Automotriz S.A.」(以下、CCA)で車両の現地組立を開始して以降、同社を通じて現地組立車を中心とした販売とマツダブランドの構築を行ってきており、今後は、成長を続けるコロンビア市場においてマツダブランドおよびビジネスのさらなる強化を図るため、MCOLにて、日本、タイおよびメキシコ新工場で生産した完成車の輸入販売・カスタマーサービスを行っていく予定となっており、CCAでのマツダ車の車両組立生産は2014年4月末をもって終了する、としている。

 MCOLでは、すでに同工場で販売している「Mazda6」(日本名:「マツダ アテンザ」や「CX-5」等に加え、メキシコ新工場で生産を開始した新型「Mazda3」(日本名:「マツダ アクセラ」)についても導入を予定しているとのこと。

 MCOLの営業開始を受けて、マツダの青山 裕大 執行役員グローバル販売&マーケティンング本部長は、「マツダは1983年にコロンビアで車両組立生産を開始し、これまで31年もの長きにわたり同国の市場に根ざしたビジネスを展開して参りました。それらの成果として、マツダの認知度およびブランド力は共に向上しました。今後は、メキシコ新工場からの車両供給メリットも活用しつつ、MCOLを通じてより優れた品質の商品とサービスを提供していきます。そして、『SKYACTIV技術』と『鼓動(こどう)デザイン』を採用した新世代商品を軸に、今後もマツダがお客様から長く愛されるブランドとなるよう努めていく所存です」と語った。

掲載日:2014/05/23

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他