新規会員募集中



日産、商用車「e-NV200」を発表

2014年10月発売開始

 日産は、日産EV初の商用車となる「e-NV200」を、2014年10月より全国一斉に発売することを発表した。

 「e-NV200」は、「リーフ」に続き、日産がグローバルに販売する2車種目の量販EVで、内燃機関の商用車と比較して、ランニングコストを抑えるだけでなく、周辺騒音への配慮や環境への貢献という面で、企業のイメージアップに貢献する、と説明している。

 また、EVならではのスムーズな加速性能や静粛性によりドライバーの疲労を軽減し、より安全な業務運行が実現できる、と述べている。

 航続距離は、油圧式制御ブレーキの採用により、多くの制動シーンで回生が可能になり、満充電時にJC08モードで185km~190kmを実現している。

 走行用バッテリーから合計で最大1500Wの電力を取り出すことができるパワープラグ(100Vコンセント)を、前席側と荷室側の2ヵ所に採用し、これにより、ビジネスにおける外出先での電源確保や、屋外でイベントを実施する際の電源提供、更には、災害時の電源としても活用が可能となっているほか、パワープラグは、自動停止するバッテリー残量を任意に設定することが可能となっている。

 「e-NV200」は、バッテリーをフロア下に搭載していることによる低重心化によって。コーナーのぐらつきやステアリング操作からの応答遅れを低減させ、また、サスペンションの高剛性化やセッティングにより高いショック吸収性を実現しているほか、積載時の坂道でのずり下がりを防止し、ドライバーの安心感を高めるヒルスタートアシストを採用している。

 荷室スペースはバッテリーを小型化し床下に配置したことでNV200バネットを同等の3600Lの荷室容量を確保し、リーフリジッド式サスペンションの採用により荷室に張り出しの少ないホイールハウス形状となっているほか、荷室を自由自在にアレンジできるユーティリティフックをディーラーオプションで設定している。

 また、ステアリングヒーターとクイックコンフォートヒーター付シート (運転席・助手席)を標準装備することで快適さを保ちながらエアコン使用を抑制し電費向上を図ることが可能となっている。

 さらに、携帯電話やパソコンから操作ができる「乗る前エアコン」の操作を、インテリジェントキーからも行うことが可能となり、利便性を向上した。

 メカニズムでは、現行「リーフ」のe-パワートレインをベースに、減速比の最適化など商用車専用のチューニングを施したe-パワートレインを採用し、回生協調時でも従来のブレーキと同じペダルフィールを実現する新回生強調ブレーキシステム、バッテリー残量警告灯の点灯後、最高速度を100km/hに制限し、不要な電力消費を防ぐエナジーセーブモード、アクセルを踏み込んでいく途中にクリック感を持たせることで過度な踏込みを抑制し電力消費を低減するアクセルペダルなどを採用している。

 他にも、必要な情報をシンプルに集約しドライバーの視線移動を最小限にすることで疲労を軽減するコンパクトで実用的なEV専用メーター、空気を直接加熱する電気ヒーターの採用により急速に温かい空気を送り出すことが可能なオゾンセーフオートエアコン、充電状況や電費情報、各種警報などを表示する車両情報ディスプレイ、NV200バネットのリッド無タイプからリッド付に変更し車検証の収納を可能としたグローブボックス、セカンドバッグの収納や上部トレイとして使用可能な高級感あるリッド付センターコンソールボックス、荷物を固定することができるロープフックなどを採用している。

 ボディカラーは、新色「リキッドブルー」をはじめとする全5色を設定している。

 価格は消費税込で、388万440円~478万6,560円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/06/09

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他