新規会員募集中



トヨタ、セダン型燃料電池自動車を公開

2014年度内に700万程度で販売

 トヨタは、セダン型の新型燃料電池自動車(FCV)を公開し、発売時期、日本での車両本体価格の目途、販売チャンネルを公表した。

 日本では、2014年度内に販売を開始し、販売チャンネルはトヨタ店とトヨペット店が扱うが、当面は、水素ステーションの整備が予定されている地域およびその周辺地域の販売店が中心となる見込みとなっているおり、価格は、700万円程度を予定している。

 米国・欧州では、2015年の夏頃の発売に向け準備を進めており、価格 は今後決定するとのこと。

 燃料電池車(FCV)とは、水素と酸素を化学反応させて電気をつくる燃料電池を動力源とするクルマで、車両の開発には、トヨタが培ってきたハイブリッド技術をコアテクノロジーとして応用している。

 ガソリンに代わる燃料である水素は、環境にやさしく、さまあまな原料からつくることができるエネルギーで、トヨタは、「サスティナブル・モビリティ」実現に向けての理想的なクルマとして、その早期普及を目指し、世界に先駆けて、2002年から燃料電池ハイブリッド車「トヨタFCHV」を日米で限定販売するなど、燃料電池車の開発で確固たる実績をつくってきている。

 トヨタは、燃費向上・エミッション低減を目指す「省エネルギー」、電気や水素をはじめとした代替燃料利用を促進する「燃料多様化への対応」、さらには、「エコカーは、普及してこそ環境への貢献」を基本方針として環境技術開発を進めている。

 「燃料多様化への対応」では、燃料選択において、水素に注目しており、水素には、様々な一次エネルギー、中でも太陽光や風力などの自然エネルギーを活用した製造が可能で、電気に比べてエネルギー密度が高く貯蔵・輸送も容易で、家庭用・自動車用燃料のみならず発電への活用も期待されるなど幅広い用途への利用が可能、といった特徴があり、トヨタは、水素を将来の有力なエネルギーを位置付けている。

 「FCV」の開発においては、トヨタは、20年以上にわたり取り組んでおり、水素と酸素の化学反応により発電をするFCスタックや燃料となる水素を貯蔵する高圧タンクを中心としたFCシステムを自社開発しており、2002年以降は、日米でSUVタイプのFCVを導入してきた。

 トヨタが開発を進めている「FCV」は、航続距離は約700kmを確保するとともに、燃料の補給(水素の満充填)に要する時間は3分程度とガソリンエンジン車と同レベルなほか、走行中に排出するのは水素と酸素の化学反応で発生した水だけとなっている。

 「FCV」は、上記のように「自動車用燃料の多様化に対応」、「走行中は二酸化炭素や環境負荷物質を排出しない」、「現状のガソリンエンジン車と同等の利便性」を兼ね備えており、サステイナブルなモビリティ社会の実現に貢献する究極のエコカーとして高いポテンシャルがあるとトヨタは考えている。

 なお、トヨタグループ各社においても、燃料電池バス、家庭用燃料電池、燃料電池フォークリフトなどの技術開発に取り組んでいる。

  • 写真1
掲載日:2014/06/25

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他