新規会員募集中



GM、「シボレー キャプティバ」特別仕様車に装備を追加

9月30日までの期間限定販売

 ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「シボレー キャプティバ」の特別仕様車「シボレー キャプティバ NAVI+(ナビプラス)」に、新たな装備を追加し、「シボレー キャプティバ NAVI+α(ナビプラスアルファ)」として、7月1日~9月30日の間、全国のシボレー正規ディーラーネットワークを通じて、期間限定販売を実施することを発表した。

 特別仕様車「シボレー キャプティバ NAVI+α」は、“ナビ+バックアイカメラ”、“クロームドアミラーカバー”、<追加装備>“ドリンクホルダープレート(ドリンクホルダーの底部に装着するアルミ製のプレート)を特別装備している。

 この他の主要装備は、7人の乗りシアタースタイル3列シート(分割可倒式セカンドシート/サードシート)、アクティブ・オンデマンドのAWDシステム(「アクティブ・セーフティ・デバイス」)、運転席と助手席それぞれ独立して温度調整が可能な「デュアルゾーンオートエアコン」、運転席8ウェイ パワーシート(2ウェイ マニュアル ランバーサポート付)、助手席可倒式シートバックなどとなっている。

 この他にも、「ラグジュアリー」のみに、レザーシート(フロント&セカンドシート)、シートヒーター(フロント&セカンドシート)、電動スライディングルーフ(サンシェード付)が装備されている。

 「アクティブ・セーフティ・デザイス」は、「シボレー キャプティバ」の本格的SUVの能力は、必要な時だけ4輪駆動に切り替わるアクティブ・オンデマンドの電子制御AWDシステムをはじめとする最新のメカニズムに支えられており、この電子制御AWDシステムによって、悪路踏破や安全性の確保という面でも重要な役割を担っている。

 また、6エアバッグ システム(フロント・サイド・ヘッドカーテン サイド)、電動パーキングブレーキ(EPB)やヒルスタートアシスト(HAS)をはじめ、エレクトロニック・スタビリティ・コントロール・システム(DCS)、アンチ・ロールオーバー・プロテクション(ARP)など、最新の安全装備を全車標準装備している。

 価格は消費税込で、379万円~415万円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/07/01

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他