新規会員募集中



マツダ、台湾にて新販売統括会社の営業を開始

台湾における販売力の強化が目的

 マツダは、台湾における販売統括会社「MAZDA Motor Taiwan」(以下、MMT)を設立し営業を開始したことを発表した。

 マツダは、今後、同社が主体となってブランド戦略や販売戦略などを立案・実行することによって、台湾における販売拡大を目指す、と述べている。

 マツダは、1959年に台湾におけるマツダ車の販売を開始し、1998年からは、フォードの販売子会社「Ford Distribution Taiwan Ltd」(以下、FDTL)を通じて販売、カスタマーサービスなどの販売関連業務を実施しており、2013年度の台湾におけるマツダ車の販売台数は前年度に比べ約18%伸びている。

 今後は、MMTがFDTLから販売関連業務、および販売ネットワークを引き継ぎ、ブランドおよび販売体制のさらなる強化を図っていくとしており、現在「Ford Lio Ho Motor Co.,Ltd.」で行っている「Mazda3(日本名:マツダ アクセラ)」、および「Mazda5(日本名:マツダ プレマシー)」の委託生産は今後も継続するとのこと。

 MMTの営業開始を受けて、マツダの稲本 信秀 取締役専務執行役員(中国事業統括)は、「マツダは、販売やサービス品質の向上などを通じて、ブランド価値経営を海外拠点においても推進します。それにより、マツダがグローバルレベルで『One and Only』のブランドに成長することを目指しています。同様に台湾においても、全てのお客さまに『走る喜び』を提供することによって、お客様の人生をより豊かにし、お客様との間に長く続く特別な絆を築いていきたいと考えています」と語った。

掲載日:2014/07/01

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他