新規会員募集中



三菱、「ランサーエボリューションX」の一部改良を実施

6速ツインクラッチSST車は2014年内に生産終了

 三菱自動車は、「ランサーエボリューションX」の一部改良を実施し、全国の系列販売会社を通じ、5速MT車は7月10日から、6速ツインクラッチSST車は8月1日から発売することを発表した。

 6速ツインクラッチSST車は2014年度内に生産を終了する予定で、成約者には「Twin Clutch SST FINAL」と打刻したアクセントスカッフプレートとシリアルナンバー入りプレート(シフトパネルに装着)をプレゼントする。

 なお、5速MT車の「GSR」は引き続き販売する。

 6速ツインクラッチSST車とは、SSTはSport Shift Transmissionの略で、クラッチペダルによる操作が不要で、俊敏な変速を可能とする、オートマチック限定免許でも運転が可能な自動マニュアルトランスミッション車のことである。

 今回の一部改良では、フロントのドアトリムにアクセントとしてステッチを追加し、ウインカー付ドアミラーに変更したほか、ボディカラー展開の見直しを図り落ち着きのあるコズミックブルーマイカから鮮やかなライトニングブルーマイカに変更した。

 価格は消費税込で、389万9,880円~540万5,400円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/07/10

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他