新規会員募集中



スバル、「エクシーガ」の一部改良を実施

あわせて、特別仕様車も発売

 富士重工業は、「エクシーガ」の一部改良を実施するとともに、特別仕様車「エアブレイク」を設定し、8月22日に発売することを発表した。

 今回の一部改良では、ベース仕様の向上とともに、グレードラインアップの見直しを行い、新グレード「2.0GT-S EyeSight」や特別仕様車「エアブレイク」を新たに追加した。

 新グレード「2.0GT-S EyeSight」は、スポーティモデルの「2.5i spec.B EyeSight」で採用しているレッドステッチ付のアルカンターラ+レザーシートや本革巻ステアリングホイールを採用するなどしている。

 また、特別仕様車「エアブレイク」は、「2.5i EyeSight」をベースとし、パノラミックガラスルーフの標準装備、サテンメッキ塗装のドアミラー、ハイラスター塗装のアルミホイール、シャンパンゴールドステッチをあしらったシートなどを採用している。

 また、運転席&助手席8ウェイパワーシートやキーレスアクセス&プッシュスタートなどの上級装備も採用した。

 価格は消費税込で、259万2,000円~302万4,000円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/07/17

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他