新規会員募集中



三菱自動車、中国のエンジン合弁会社で生産累計300万基を達成

新MIVEC搭載 新型エンジンの導入準備を推進

 三菱自動車は、中国におけるエンジン生産の合弁会社である瀋陽航天三菱汽車発動機製造有限公司(社長:藤嶋雅憲、以下、瀋陽航天三菱)が、7月15日にエンジンの生産累計が300万基に達したことを発表した。

 瀋陽航天三菱は、1997年8月に設立され、1998年より生産を開始し、中国の自動車市場において、三菱ブランドの車体メーカー向けのみならず、多くの中国メーカーにもエンジンを供給することで、2009年に生産累計100万基、2012年に200万基を達成している。

 2009年7月からは小型自動車搭載用の小排気量で軽量、環境にも配慮したMIVEC機構付の4A9シリーズの本格量産を開始し、2013年には29万基を販売し、さらに、現行4G6エンジンの後継として、新MIVECを搭載する新型エンジンの導入準備を進めている。

 瀋陽航天三菱は、今後も多様化する市場のニーズに応え、商品ラインアップの強化、環境性能の向上に注力し、中国自動車産業の発展に貢献していく、と述べている。

掲載日:2014/07/18

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他