新規会員募集中



ベンツ、国内初のワンウェイ方式カーシェアリングを開始

「スマート電気自動車」20台を導入

 メルセデス・ベンツ日本、オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井 克信)、アマノ株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:中島 泉、以下「アマノ」)は、9月1日より、神奈川県横浜市内で、ワンウェイ(乗り捨て)方式のカーシェアリングサービス「スマート ワンウェイ カーシェアリング」(愛称「smaco」)を開始することを発表した。

 このサービスは、本年3月27日付け国土交通省通達「いわゆるワンウェイ方式のレンタカー型カーシェアリングの実施に係る取り扱いについて」に基づき、9月1日からの運用開始にあわせて全国で初めて取り組むものである。

 また、このサービスは横浜市の「横浜・低炭素交通プロモーション」に選定され、今後、低炭素交通の普及・啓発を併せて実施していくとのこと。

 9月1日からの運用に際し、「スマート電気自動車」20台を導入し、アマノグループが管理する横浜市全8ヵ所の駐車場を拠点にオリックス自動車がカーシェアリングサービスを提供する。

 期間は2015年3月31日までの7ヵ月間で、ユーザーの利用状況や要望などを検証していく。

 ワンウェイ方式のカーシェアリングが普及することにより、通勤や観光などの目的で公共交通機関とカーシェアリングを組み合わせる“パーク&レールライド”の利便性がさらに向上し、不要不急な車の利用を抑えることで、渋滞の緩和や二酸化炭素排出量の削減効果が期待できる、としている。

 また、目的地近辺での駐車場料金の負担が不要になるとともに、実際の車の利用時間に合わせたカーシェアリング利用料金の支払いが可能となる。

 メルセデス・ベンツ日本では、都市交通に最適な形を目指して開発されたスマート電気自動車を提供することでカーシェアリングに参画し、新しいモビリティと電気自動車の可能性を模索する、と述べている。

 オリックスカーシェアは、従来から運営している借り出したときと同じ拠点に車両を返却する利用方法のラウンド方式にワンウェイ方式のサービスを加えることで、利用者の選択肢を広げ、より快適で新しいカーライフスタイルの創出を目指す、と説明している。

 アマノでは、カーシェアリングを含む、これからの駐車場システムに求められる新たな機能や要望について検証する、としている。

  • 写真1
掲載日:2014/07/24

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他