新規会員募集中



日産、フィリピン日産のマネージメント体制を変更

経験豊富な人材投入で事業の拡大を目指す

 日産は、8月1日付で、現在はゼネラルモーターズ韓国 インターナショナル セールス マネージング ダイレクターであるアントニオ ザラ氏を、フィリピン日産会社(NPI)の社長兼マネージング ダイレクターに任命することを発表した。

 日産は、フィリピン人であるザラ氏は、韓国、タイ、日本、インドネシア、フィリピンなどアジア全域の自動車市場における販売、サービス、マーケティングでの幅広い経験を持ち、今後NPIの事業に活かしていく、と述べている。

 今回のマネージメント体制の変更に伴い、NPIの現社長兼マネージング ダイレクターである内藤賢司氏は、8月1日付で、タイのバンコクを所在地とするアジア・パシフィック日産自動車会社(NMAP)の戦略プランニングおよびビジネスマネージメントを担当するSVP(Senior Vice President)に就任することも公表した。

 内藤氏は、2013年12月にNPIの社長兼マネージング ダイレクターに就任し、NPIは、内藤氏のリーダーシップのもと、ユニバーサル・モーターズ社(UMC)およびフィリピン日産自動車会社(NMPI)と共同で、新合弁会社として設立され、新型「アルティマ」と新型「シルフィ」の2車種をフィリピン市場に投入した。

 日産のアジアおよびオセアニア事業担当の常務執行役員で、アジア・パシフィック日産自動車会社の社長でもある長谷川亨氏は、「今、フィリピン市場は私たちにとって重要な時期です。アントニオのような経験豊富な役員を迎え、成長市場であるフィリピン事業の拡大を目指していけることを非常にうれしく思います。同時に、フィリピン市場において成長基盤を築くという、大きな貢献をしてくれた内藤現社長に感謝いたします。内藤がNMAPでも、販売会社経営の豊富な経験を生かし、全地域における日産ブランド拡大に貢献することを期待しています」、と述べた。

掲載日:2014/07/25

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他