新規会員募集中



トヨタ、「86ラリーカー」が独ラリー選手権でデモ走行

ラリー実走行に向け開発中のプロトタイプ車

 トヨタは、トヨタモータースポーツ(TMG)が独自開発中の86ラリーカー「GT86 CS-R3」のプロトタイプ車が、8月21日(木)~24日(日)にドイツで行われる世界ラリー選手権第9戦でデモ走行することを公表した。

 この86ラリーカーはWRCのR3カテゴリーに適合するよう開発中のもので、今回、90年代後半にセリカGT-Fourに乗りWRCで活躍した女性ラリードライバーのイゾルデ・ホルデリートさんがドライブする予定となっている。

 今回のラリーでは、この「GT86 CS-R3」は競技そのものには参加せず、コースの安全確認のために各ステージを先発走行する。

 また、プロトタイプ車としての評価とホモロゲーション(認証)取得前の最終仕様確定に向けた改良も目的としているとのこと。

 なお、この「GT86 CS-R3」は、今後、ヨーロッパにおいてプライベーター向けに販売される予定となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/07/31

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他