新規会員募集中



トヨタ、米国 WEC第4戦はマイク・コンウェイ選手が代役で出走

中嶋一貴選手、富士スピードウェイ第5戦で復帰

 トヨタは、9月20日(土)に米国テキサス州オースティンで開催される、FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースでは、トヨタ・レーシングのテスト兼リザーブドライバーであるマイク・コンウェイ選手が、レースドライバーとして初参戦することを公表した。

 イギリス人のコンウェイ選手は、WEC第4戦の前週、日本でスーパーフォーミュラ第5戦に出場する中嶋一貴選手の代役として、TS040 HYBRID #7をドライブすることになる。

 コンウェイ選手は、シリーズ参戦している米国インディカー・シリーズで今季2勝を挙げているほか、既に、冬季テストでTS040 HYBRID での走行経験を積んでおり、また、昨年のサーキット・オブ・ジ・メリカズ6時間レースにはLMP2クラスのドライバーとして出場しクラス優勝、総合5位に入る結果を残している。

 オースティンでのWEC第4戦ではコンウェイ選手は、アレックス・ブルツ選手、ステファン・サラザン選手と共にTS040 HYBRID #7に出場、中嶋一貴選手は10月12日(日)に富士スピードウェイで行われる「富士6時間耐久レース」のWEC第5戦で、TS040 HYBRID #7のドライバーとして復帰する。

 全8戦のWECシリーズ第4戦に、トヨタ・レーシングはマニュファクチャラーズ部門首位、ドライバーズ部門でもアンソニー・デビッドソン選手、ニコラス・ラピエール選手とセバスチャン・ブエミ選手の3名がポイントリーダーとして臨む。

 マイク・コンウェイ選手は、「TS040 HYBRIDで、サーキット・オブ・ジ・アメリカズのレースに出場出来るのは本当に嬉しい。スタートが待ち切れない。TS040 HYBRIDは素晴らしいレースカーであり、特に、四輪駆動で1000馬力を発揮するハイブリッドブーストは、オースティンでのレースを間違いなく楽しいものにしてくれるはずだ。この機会を与えてくれたチームに感謝したい。世界選手権を戦っているチームに貢献すべく全力を尽くす。この挑戦に対する準備は出来ており、どれだけの力が見せられるか、楽しみにしている」とコメントした。

掲載日:2014/08/01

この記事のカテゴリ:新着  業界  スポーツ  その他