新規会員募集中



ベンツ、ゲーム『マリオカート8』にメルセデス登場

『マリオカート』に実在するモデルが登場するのは史上初

 メルセデスが任天堂の家庭用ゲーム機Wii U ゲームソフト『マリオカート8』に登場する。

 ゲームには、1930年代のレーシングカー「W25 シルバーアロー」、50年代の「300 SL ロードスター」、最新モデルの「GLA」が登場する。

 このメルセデスと任天堂のコラボレーションにより、マリオカートシリーズのカートとして史上初めて実在するモデルが登場することになる。

 『スーパーマリオカート』の発売からちょうど22年後の2014年8月27日に、メルセデスと任天堂は3台のメルセデスカートの無料ダウンロードと、オリジナルのインターネット大会「Mercedes Cup」を開始する。

 上記大会は、Wii U本体と『マリオカート8』、インターネット接続があれば、世界中の誰もがメルセデスのカーとで参戦可能となる。

 「Mercedes Cup」は、ゲーム内の大会から参加可能で、9月23日までの開催となり、ゲームのハイライトはマリオカートTVにアップロードして世界中の人々と共有することができる。

 なお、日本国内オリジナルの企画として、メルセデスカートを用いた『マリオカート8』のタイムアタック大会を、8月31日(日)に東京の「メルセデス ミー」、9月7日(日)に大阪の「メルセデス・ベンツ コネクション」で開催する。

 『マリオカート8』は、任天堂によって開発され日本では2014年5月29日にWii Uに登場し、1992年8月に初めて発売されたマリオカートシリーズの8作品目となる。

 ダイムラー社 メルセデス・ベンツ・カーズ マーケティングコミュニケーション統括 Dr イエンツ・ティーマー氏は、「ゲームは世界中のファンに愛され、大きなコミュニティーを成しています。『マリオカート8』のような大ヒットゲームに登場することで、私たちは新しい時代のお客様、特に若い世代の方々にアプローチでき、ブランドを若々しくすることにおいて素晴らしい結果を達成しつつあります。とりわけ『マリオカート8』の中で、実在するモデルとして最初に登場するブランドがメルセデスだということを、非常に光栄に思っております」とコメントしている。

  • 写真1
掲載日:2014/08/06

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他