新規会員募集中



トヨタ、「プロボックス」と「サクシード」のマイナーチェンジを実施

ビジネスシーンでの機能を向上

 トヨタは、「プロボックス」ならびに「サクシード」のマイナーチェンジを実施し、「プロボックス」は全国のトヨタカローラ店、「サクシード」は全国のトヨタ店ならびにトヨペット店を通じて9月1日に発売することを発表した。

 今回のマイナーチェンジでは、ビジネスシーンでの機能を向上させており、1.3L車(「プロボックス」のみ)に1NR-FEエンジンを新搭載し、1.5L車とともにSuper CVT-iとの組み合わせでクラストップの燃費性能を実現。

 1.5L2WD車は、JC08モード燃費18.2km/Lを実現し、1.3L車とともに「平成27年度燃費基準+10%」を達成、1.5L4WD車も「平成27年度燃費基準」を達成し、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」の認定とあわせ、全車「エコカー減税」の対象とした。

 また、VSC(Vehicle Stability Control)&TRC(Traction Control)、急な坂道での発進時に車両のずり落ちを一定時間抑えるヒルスタートアシストコントロール、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させ後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルを全車標準装備したほか、歩行者傷害軽減ボディ構造を採用し、全車大径のフロントディスクブレーキを採用し制動力を強化した。

 さらに、プラットフォームのフロント部を刷新しサスペンションの構造を見直し最適化、さらに、車速感応型電動パワーステアリングを全車に採用することで空車時から積載時まで扱いやすく、高い操縦安定性と乗り心地を実現したほか、フロントシート座面の形状を見直すなど長時間乗車の際もより快適な座り心地を実現、運転席から手の届くところに設置した汎用性の高い収納スペースなどを採用し、冷却効率を向上させたマニュアルエアコンを標準装備している。

 他にも、全車最大積載量400kg(2名乗車時)のスクエアな荷室空間を確保し、フラットなフロアや広いバックドア開口部などによりスムーズな荷物の積み下ろし作業ができるように配慮されている。

 外環では フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプなどの意匠変更し、外板色には、ライトグリーンメタリックとボルドーマイカメタリックの新規設定色2色を含む全6色を設定した。

 価格は消費税込で、「プロボックス」:131万7,600円~179万8,691円、「サクシード」:143万7,382円~179万8,691円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/08/06

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他