新規会員募集中



三菱、「デリカD:5」の一部改良を実施

クリーンディーゼルエンジン搭載車の動力性能を向上

 三菱自動車は、「デリカD:5」の一部改良を実施し、全国の系列販売会社を通じて発売した。

 今回の一部改良では、クリーンディーゼルエンジン搭載車(「D-Power package」「D-Premium」)のエンジン制御を改良し、発進加速性能およびアクセルレスポンスを向上させた。

 また、センターパネルの色をピアノブラックに変更(「ROADEST G-Power package」「ROADEST G-Premium」はアッパーグローブボックスも変更)したほか、本木目&本革巻ステアリングホイール、各種木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウインドウスイッチ)を装着する「ラグジュアリーパッケージC」をメーカーオプション設定した。(「M」「ROADEST G-Power package」「ROADEST G-Premium」を除く)

 さらに、従来、「G-Premium」「D-Premium」グレードに標準装備していたエレクトリックテールゲートを、「G-Power package」「D-Power package」グレードにメーカーオプション設定し、10月中旬生産分から対応する。

 価格は消費税込で239万7,600円~404万6,760円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/08/07

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他