新規会員募集中



トヨタ、(株)童夢が所有する風洞の購入交渉開始を発表

風洞使用で、レース車両の空力開発などを効果的に推進

 トヨタは、株式会社童夢が所有する風洞の購入に関して、今後、両社が交渉を開始することで合意に至ったと発表した。

 トヨタは、トヨタテクノクラフトを通じてスーパーGT GT500クラスに参戦するレクサス RC Fレース車両の開発や、来年発売を予定しているレクサス RC GT3レース車両の開発を行っている。

 トヨタは、今後、風洞の購入が実現すれば、レース車両の空力開発をより効果的に進めることが可能となり、その開発を通じて人材育成や得られたノウハウの量産車へのフィードバックなど、「もっといいクルマづくり」のために活用していく予定である、と述べている。

掲載日:2014/08/08

この記事のカテゴリ:新着  業界  その他