新規会員募集中



三菱、本社1階で歴代の名車やエンジンの展示を実施

歴代車両など15点を展示公開

 三菱自動車は、9月4日~16日まで本社1階ショールームにおいて、『時代を生きた名車たち~三菱オートギャラリー展~』を開催することを発表した。

 これは、愛知県岡崎市の三菱自動車技術センター内にある「三菱オートギャラリー」に展示してある車両の中から、時代を切り開いたエポックメイキングなクルマや、当時として世界初の技術を採用するなど、三菱自動車の歴史に残る車両やエンジンなどを合計15点展示する。

 「三菱オートギャラリー」は1989年(平成元年)に開設され、1917年~21年まで生産された日本初の量産乗用車「三菱A型」に始まり、現在に至るまで生産された三菱乗用車の展示や、その発展の歩みが公開されている。

掲載日:2014/09/04

この記事のカテゴリ:新着  業界  その他