新規会員募集中



ホンダ、米「ITS世界会議」で初のデモンストレーション

「自動運転技術」と「コネクティッドカー技術」を実施

 ホンダは、9月7日~11日まで米国ミシガン州デトロイトで開催される「第21回ITS(高速道路交通システム)」世界会議デトロイト2014」に出展することを発表した。

 ホンダは、自動運転による高速道路上での合流・分岐・車線変更など、ホンダの最新の「コネクティッドカー技術(ネット接続型自動車技術)」と「自動運転技術」のデモンストレーションを、米国で初めて実施する。

 デモンストレーションでは、クルマと歩行者・自転車、クルマと二輪車の通信技術を含む最新の技術を紹介する予定となっている。

 「高速道路自動運転」では、デトロイト市のダウンタウンに位置する8マイル(約12.8km)の環状高速道路を使用し、実際の交通環境におけるハンドル操作、自動ブレーキ、合流・分岐・車線変更など、高速道路自動運転のデモンストレーションを実施する。

 「コネクティッドカー技術」については、コネクティッドカー技術およびクラウド技術の組み合わせにより、前方での事故等車線上のハザードを検知し、後続のドライバーにハザードの情報をライブ画像で通知、詳細情報を受けた車両は自動で車線変更が可能となるデモンストレーションが行われる。

 クルマと歩行者・自転車においては、歩行者またはクルマのドライバーが所持するスマートフォン(独自新開発のアプリケーション搭載)とクルマとの間で専用近距離無線通信技術を活用し、ドライバーと歩行者または自転車に乗った人に衝突の危険を知らせたり、お互いの思いやりメッセージの交換を可能としている。

 クルマと二輪車間通信においては、クルマと二輪車間の通信により、衝突の危険をドライバーとライダーに知らせる技術である。

 ホンダの自動運転およびコネクティッドカー技術のデモンストレーションは、「ITS世界会議」開催期間中に定期的に行われる予定となっている。

 上記デモンストレーションには、ホンダ初の技術である、運転中に運転継続が何らかの理由で困難になったドライバーのクルマを、別のクルマが無線でけん引していく「バーチャルけん引」も紹介される。

 ホンダは、グローバル安全コンセプト「Safety for Everyone」は「事故に遭わない社会」を追及しており、これまでに車線逸脱警報、前方衝突警報、低速走行時に自動で車間距離を維持する機能を持つ車間距離適応走行制御システム、衝突被害軽減ブレーキ、路外逸脱抑制機能など、ドライバーの状況認識を向上させる先進安全運転支援技術や、初期段階の自動運転技術などを開発してきている。

 米国においては、アキュラ「TLX」に、単眼カメラとミリ波レーダー方式による協調センシングを用いて好感度の道路および歩行者の検知、ステアリング支援、緊急自動ブレーキによる衝突被害軽減機能が採用されている。

 さらに、米国においては、2015年モデルから全てのホンダおよびアキュラモデルにリアビューカメラを標準装備しているほか、現在アメリカン・ホンダモーターは、米国道路安全保険協会による格付けで、最高水準にあたる「TOP SAFETY PICK」または「TOP SAFETY PICK+」にランクされたモデル数で、業界1位となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/09/05

この記事のカテゴリ:新着  業界  その他