新規会員募集中



マツダ、タイで「Mazda2」の生産開始

オーストラリア向けモデルから順次生産

 マツダは、タイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co.,Ltd.」(以下、AAT)において、新型「Mazda2」(日本名:マツダ デミオ)の生産を開始したことを発表した。

 今回生産を開始した新型「Mazda2」はオーストラリア向けのものである。

 マツダは、今後AATにて、オセアニアやASEAN市場向けの新型「Mazda2」を順次生産していくとともに、メキシコのMMVOにおいても、2014年中に同モデルの生産を開始し、グローバルな供給体制を整備していくとのこと。

 新型「Mazda2」の生産拠点は、日本の防府工場に続いて2拠点目となり、AATでは2009年9月より「Mazda2」を生産しており、これまでに182,663台を製造している。

 AATでの新型「Mazda2」の生産開始を受けて、小飼 雅道 代表取締役社長兼CEOは、「世界の3つの工場でほぼ同時期に新型車の生産を立ち上げることは私達にとって大きな挑戦です。タイとメキシコにおいても、マザー工場である日本の防府工場と同じ高品質なクルマを生産し、世界中のお客さまにお届けすることを約束します」と述べた。

掲載日:2014/09/17

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他