新規会員募集中



プジョー、「308・308 SW」11月より発売

新開発プラットフォームで大幅軽量化

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、「308/308 SW」を、全国の正規販売店網「プジョー・ディーラーネットワーク」にて、2014年11月5日より発売することを発表した。

 「308/308 SW」は、ボディサイズは現行の「308」に対し全長・全幅・全高ともにダウンサイジングし、「SW」では全長を85mm拡大させた。

 また、PSAグループが新開発した次世代モジュラー型プラットフォーム「EMP2(Efficient Modular Platform2)」を採用し、高張力鋼板をはじめ、アルミや複合素材を使用することにより、従来と比較して70kg軽量化したほか、パドルシフトを装備したマニュアルモードを採用している。

 エンジンでは、EURO6に適合した軽量で環境に優しいエンジン「ピュア テック」に新たにターボを組み合わせ、高圧燃料噴射により直噴化したユニットを搭載し、高い燃焼効率に加え低速域から太いトルクと二酸化炭素排出量の低減を実現したほか、ストップ&スタートシステムを搭載し、市街地での燃費向上にも貢献している。

 上記エンジンに第3世代の6速オートマチック・トランスミッション「EAT6(Efficient Automatic Transmission)」組み合わせ、スムーズでレスポンスの速い乗り心地を実現した。

 「308/308 SW」は、ドライバーズシートに革新的な「アイ・コックピット」と呼ぶ新しい装備を搭載し、小径ステアリング、ヘッドアップインストルメントパネルをはじめ、視認性と操作性を一体化したタッチスクリーンなどドライバー重視の設計となっており、直感的な操作に優れたタッチクリーンでは、オーディオ、エアコン、オンボードコンピューター等の一連の動作をスピーディーに操作することが可能となっている。

 インテリアでは、簡単な操作をするだけでフラットにできるラゲッジスペース、アルミ製のフックレールを採用し、トノカバーを床下に収納できるなど利便性を高めているほか、電動メッシュシェード付きパノラミックガラスルーフなども採用している。

 価格は消費税込で、「308」:279万円~339万円、「308 SW」:299万円~339万円 となっている。

 9月29日よりティーザーサイトをオープンし、10月20日には動画を盛り込んだスペシャルサイトを開設、さらに11月中旬よりフジテレビ系にて15秒CFを投入する予定となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/09/29

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他