新規会員募集中



三菱、「ミーブ」シリーズ3車種を一部改良

安全機能を充実、車両本体価格を見直し

 三菱自動車は、電気自動車の「アイ・ミーブ」、「ミニキャブ・ミーブ バン」「ミニキャブ・ミーブ トラック」の一部改良を実施し、全国の系列販売会社を通じて発売した。

 今回の一部改良では、アクセルオフによる回生ブレーキで強い減速度を検知すると、ストップランプが自動で点灯して後続車に注意を促すなどの安全機能を、「アイ・ミーブ」、「ミニキャブ・ミーブ バン」、「ミニキャブ・ミーブ トラック」の全車で標準装備した。

 また、傾斜のある駐車場などで充電中、パーキング以外にシフトチェンジした場合に、車両の動き出しを防止するため、ブザーを鳴らしドライバーに警告する機能を、「アイ・ミーブ」、「ミニキャブ・ミーブ バン」、「ミニキャブ・ミーブ トラック」の全車で標準装備した。

 さらに、電気自動車の普及促進のため、「アイ・ミーブ」で最大約26万円、「ミニキャブ・ミーブ バン」で最大約27万円、「ミニキャブ・ミーブ トラック」で約25万円、車両本体価格を下げた。

 なお、「ミニキャブ・ミーブ トラック」に、「キーレスオペレーションシステム」をメーカーオプション設定した。

 価格は消費税込で、「アイ・ミーブ」:226万1,520円~283万8,240円、「ミニキャブ・ミーブ バン」:198万6,120円~239万6,520円、「ミニキャブ・ミーブ トラック」165万円5,640円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/10/10

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他