新規会員募集中



マツダ、「デミオ」を東京ミッドタウンのデザイン展に出展

クレイオブジェ製作体験を実施

 マツダは、新型「デミオ」のディーゼルエンジン搭載車(発売予定:2WD/10月23
日、4WD/12月)を、10月17日~10月26日の間、東京ミッドタウンで実施される「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」に出展することを発表した。

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、東京ミッドタウン全体を会場にして実施される、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトにした誰でも参加自由なイベントである。

 8回目となる今回のテーマは、「デザインのスイッチ」で、会場内の様々なデザインが来場者の感性のスイッチを押す、というものである。

 マツダの展示ブースでは、新型「デミオ」の展示の他に、カーデザインの開発過程を目の前で見て、体感できるイベントを開催する予定となっている。

 期間中4日間、マツダのクレイモデラーがクレイオブジェの製作作業を実演し、さらに来場者にもクレイオブジェ製作の一端を体感できる場を提供するイベントとなっている。

  • 写真1
掲載日:2014/10/16

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他