新規会員募集中



マツダ、「アテンザ」「CX-5」を大幅改良

先進安全技術の認知支援などを強化

 マツダは、「アテンザ」および「CX-5」の大幅改良を実施し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系 販売店を通じて、2015年1月7日に発売することを発表した。

 なお、「CX-5」については、マツダオートザム系販売店でも販売する。

 今回の大幅改良では、2車種で共通する大幅改良は、先進安全技術「アイ・アクティブセンス」の中で特にドライバーの認知支援を強化した。

 日本自動車メーカー初のLEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを備えた新世代ヘッドライトシステム「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を搭載し、従来の「リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)」の検知範囲を広げたほか、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や、「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」機能も採用している。

 また、「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」、「ドライバー・アテンション・アラート(DAA)」、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBSR)」、「AT誤発信抑制制御[後退時]」を採用した。

 さらに、「スマート・ブレーキ・サポート(SBS)」については対応可能な相対速度差を拡大(「CX-5」は追加設定)し、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」を「CX-5」に追加設定した。

 「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」を標準装備した新グレード「PRO ACTIVE」を設定した。

 他にも、新構造の前後ダンパー、フロントロアアームのブッシュ形状を最適化し、高振動吸収ウレタンを採用するなどしたフロントシート、リアシートを採用した。

 ガソリンエンジン車には、走行モードを切り替えることで意のまま走りをサポートする 「ドライブセレクション」を採用、「アテンザ」SKYACTIVE‐D2.2搭載車には、新世代4WDシステムを新設定した。

 「アテンザ」の大幅改良では、LED発光シグネチャーを採用したリアコンビネーションランプ、フロントにLEDシグネチャーウィングを採用したほか、従来よりもダークな色調を採用した19インチアルミホイールを設定した。

 エクステリアカラーでは、新開発のソニックシルバーメタリック、チタニウムフラッシュマイカを追加し、全8色をラインアップした。

 インテリアは一新され、黒の本革内装と黒のファブリック内装を継承したうえで、白の本革内装はピュアホワイトに変更、さらに本革内装には新たなカーラーコーディネーションを採用した。

 また、電動パーキングブレーキ(EPB)、「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」を全車標準装備したほか、カーコネクティビティシステム「マツダ コネクト」を採用し、マツダコントロールと合わせて全車標準装備とした。

 「CX-5」の大幅改良では、エクステリアでは、内部構造を一新し、ユニット内シグネチャーLEDランプを採用したLEDヘッドランプとLEDリアコンビネーションランプを全車標準装備した。

 また、新デザインを採用した19インチアルミホイールを設定したほか、エクステリアカラーでは、ソニックシルバーメタリック、チタニウムフラッシュマイカを追加し全8色をラインアップした。

 さらに、電動パーキングブレーキ(EPB)を全車標準装備したほか、ブラックの本革内装を継承した上で、本革内装にはピュアホワイトを新採用、ファブリックシートはセンター部分に新開発のグロスブロッククロスを採用した。

 他にも、カーコネクティブシステム「マツダ コネクト」を採用し、コマンダーコントロールと合わせて全車標準装備とした。

 価格は消費税込で、「アテンザ」:276万4,800円~396万9,000円、「CX-5」:244万6,200円~348万8,400円となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/11/20

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他