新規会員募集中



スバル、「XV」を改良

あわせて、特別仕様車を発売

 富士重工業は、「XV」に改良を施すとともに、特別仕様車「XV POP STAR」を設定し、12月25日に発売することを発表した。

 今回の改良では、ガソリン車に操舵支援機能も備えたアイサイト(ver.3)を搭載すると共に、内装質感、燃費性能、走行性能、静粛性など、全方位的に性能を進化させた。

 金属調の加飾を施し、ピアノブラック調パネルやシルバーステッチを組み合わせたほか、メーターパネルはブルーパネルや金属調リングを採用し、中央に3.5インチカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用した。

 スマートフォンなどを充電できるUSB電源(×2)をフロントセンタートレイ内に採用し、直感的なタッチ操作が可能なセンターディスプレイを搭載したSDナビゲーションシステムを採用した。

 また、パワーユニットの各部フリクション低減などにより、燃費性能を向上し、JC08モード燃費で16.2km/Lを達成している。

 さらに、ショックアブソーバーの減衰力やコイルスプリングのバネ定数の最適化といったサスペンション性能の向上やステアリングギア比の変更などにより、乗り心地を向上したほか、ボディ各部への吸音材の追加やウインドゥガラス周りの構造変更などにより、静粛性を向上した。

 特別仕様車「POP STAR」は、鮮やかなイエローをイメージカラーとし、内装には、専用のカーボン調加飾パネルやオレンジ色のステッチを採用したほか、サンルーフ、SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグを標準装備した。

 価格は消費税込で、225万7,200円~286万2,000円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/11/25

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他