新規会員募集中



スバル、「インプレッサ SPORT/G4」を大幅改良

あわせて、特別仕様車を発売

 富士重工業は、「インプレッサ SPORT/G4」に改良を施すとともに、特別仕様車「インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style」を設定し発売した。

 今回の改良では、エクステリアにおいては、“Sporty&Advanced”をデザインテーマにフロントフェイスを刷新し、ドアミラーの形状の変更、「1.6i-S」、「2.0i」、「2.0i EyeSight」に採用する16インチアルミホイールにスポーティな造形の新デザインを採用、「G4」には、光輝ウインドゥモールやトランクリップスポイラーを採用するとともにリヤバンパー下部をブラックアウトした。

 インテリアでは、金属調の加飾を加えたほか、ピアノブラック調パネルやシルバーステッチを組み合わせた。

 メーターパネルには、ブルーパネルや金属調リングを採用し、中央に3.5インチカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用した。

 スマートフォンなどの充電できるUSB電源(×2)をフロントセンタートレイ内に採用したほか、直感的なタッチ操作が可能なセンターディスプレイを用いたSDナビゲーションシステムを採用している。

 また、サスペンションセッティングの最適化や、ステアリングギア比の変更などにより、乗り心地を向上したほか、ボディ各部への吸音材の追加やウインドゥガラス周りの構造変更などにより静粛性も向上した。

 さらに、2.0L車では、パワーユニット各部のフリクション低減により、環境性能を向上し、JC08モード燃費で、2WD:17.6km/L、AWD:16.2km/Lを実現した。

 安全面では、先進安全機能を大幅に進化させたアイサイト(ver.3)を搭載し、操舵支援機能であるアクティブレーンキープをはじめ、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能向上などが図られた。

 他にも、今回、新たに1.6L車の内外装に上級装備を採用したグレード「1.6i-S」を設定した。

 特別仕様車「インプレッサ SPORT 2.0i Eyesight Active Style」は、エクステリアにおいては、ルーフレールやサンルーフ、17インチ専用アルミホイール、サイドシルスポイラー、ルーフエンドスポイラー、リヤフォグランプなどを装備している。

 インテリアでは、ファブリック/合成皮革シート、運転席&助手席8ウェイパワーシート、アルミパッド付スポーツペダル、本革巻セレクトレバー、パワーウインドゥスイッチ、トノカバーなどが設定されたほか、振動・騒音対策強化などが施されている。

 他にも、クリアビューパック、UVカット機能付濃色ガラス、キーレスアクセス&プッシュスタート、SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグなどを装備している。

 価格は消費税込で、159万8,400円~254万8,800円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/11/25

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他