新規会員募集中



マツダ、「タイタン」を一部改良

主要モデルはエコカー減税の対象に

 マツダは、「タイタン」を一部改良し、全国のマツダ系、マツダ アンフィニ系販売店を通じて発売した。

 今回の一部改良では、エンジン本体の改良に加え、補機類の刷新といった商用車における新技術を採用することで、重量車モード燃費を向上し、全車で「平成27年度燃費基準達成」と「低排出ガス車」の認定を受けた。

 また、主要モデルにおいては、新アイドリングストップ&スタートシステム「エコストップ」を標準装備することで、「平成27年度燃費基準達成」を上回る、「平成27年度燃費基準+10%」を達成、エコカー減税の対象となり、自動車取得税および自動車重量税の免税の対象となった。

 3.0Lディーゼルエンジンは低圧縮比化を実施し、新インジェクターを採用したほか、積載状態や道路勾配を判別し、自動的に馬力制御や加速度制御を行う「ECONOモード」をディーゼルMT車に追加し低燃費運転を可能とし、さらに、可変容量パワーステアリングポンプの採用や6速トランスミッションギヤ比を見直し燃費を向上した。

 他にも、ラジエーターグリルを刷新しフロントマスクを変更、インテリアのシートデザインも変更した。

  • 写真1
掲載日:2014/11/28

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他