新規会員募集中



ホンダ、新型ハイブリッドセダン「グレイス」を発売

5ナンバーハイブリッドセダン初の4WD車を設定

 ホンダは、新型ハイブリッドセダン「グレイス」を発売した。

 新型「グレイス」は、パワートレインには、1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンに高出力モーターを内蔵した7速DCTと、1モーターシステムでありながらEV発進を可能にしたハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-DCD」を搭載し、JC08モード燃費で34.4km/Lを達成した。

 また、5ナンバーハイブリッドセダンとして初めてとなる4WD車もラインナップした。

 パッケージでは、ロングホイールベースに加え、リアシートの位置を最大限後方に配置することでリア席足元のスペースを広く確保し、リアシートを後方に配置する一方、リアドアの開口部を拡大して乗降性を向上した。

 トランクルームは430Lの容量を持ち、コンパクトに設計されたIPU(インテリジェントパワーユニット)を床下に収納することで、ハイブリッド車でトランクスルーを可能としている。

 安全面では、ホンダ独自のGコントロール技術による自己保護性能と、相手車両への攻撃性低減を両立した「コンパティビリティー対応ボディー」や、万が一の際に歩行者へのダメージを与えやすいボディー前部に、衝撃をやわらげる構造の「歩行者傷害軽減ボディー」を採用している。

 さらに、「VSA(車両挙動安定化制御システム)」や「ヒルスタートアシスト機能」に加え、急ブレーキ時に後続車へ注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を全タイプに標準装備した。

 30km/h以下での追突防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム」、「サイドカーテンエアバッグシステム」と「前席用i―サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」をタイプ別にオプション設定した。

 他にも、乗降性の良さを活かした、助手席回転シート車を設定し、座面クッションの先端を滑らかにして乗降性を高めるなど乗り降りのしやすさに配慮した専用シートを採用しているほか、レバー操作によるスムーズなシート回転を実現している。

 価格は消費税込で、195万円~240万9,800円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/12/01

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他