新規会員募集中



三菱、「ミラージュ」に1.2Lエンジン搭載車を追加

あわせて、1.0Lエンジン搭載車の一部改良も実施

 三菱自動車は、「ミラージュ」に1.2Lエンジン搭載車を新たに設定したほか、一部改良も実施し、全国の系列販売会社を通じて発売した。

 今回追加される1.2Lエンジン搭載車は、1.0Lエンジン搭載車の上級グレード「G」をベースとし、最高出力57kW(78PS)/6000rpm、最大トルク100N・m(10.2kgf・m)/4000rpmを発揮する1.2L 3気筒MIVECエンジン(アイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」付)を搭載した。

 また、JC08モード燃費で25.0km/Lを達成し、平成27年度燃費基準+20%および平成17年基準排出ガス75%低減レベルを達成したことで、自動車取得税と自動車重量税が免税となる。

 さらに、フロントフォグランプ、サイドターンランプ付ドアミラー、15インチタイヤ&アルミホイール、可倒式ショートアンテナを採用し、内装では、本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブを採用したほか、ピアノブラック調のパワーウインドウスイッチパネルとシフトパネルを装備している。

 他にも、フロントスタビライザーを採用し、操縦安定性を向上させた。

 1.0Lエンジン搭載車においては、可倒式ショートアンテナを全車に採用したほか、サイドターンランプ付ドアミラーを「1.0G」に標準装備し、「M」「S」に寒冷地仕様とのセットでメーカーオプション設定とした。

 また、ボディカラーには「チタニウムグレーメタリック」を追加した。

 内装では、「1.0G」に本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブを採用したほか、「1.0G」「M」はエアコンパネル加飾をクロームメッキ化するとともに、ピアノブラック調のパワーウインドウスイッチパネルとシフトパネルを装備、また、「1.0G」で採用しているメーターリングやエアコン吹き出し口などのシルバーアクセントを「M」「S」にも標準装備した。

 さらに、運転席インパネアンダートレイを全車に新設定するとともに、「1.0G」「M」はコンソールトレイを大型化したほか、「1.0G」に採用しているエンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステム、イモビライザー、オートライトコントロールを「M」にも標準装備した。

 他にも、ベーシックな装備で抑えた価格に設定した「ビジネス向けパッケージ」を「S」にオプション設定した。

 価格は消費税込で、118万8,000円~144万5,040円 となっている。

  • 写真1
掲載日:2014/12/25

この記事のカテゴリ:新着  新車  業界  その他